takiscope

Kentaro TAKI's official website

contents

news

about

works





link
vctokyo


language

 

    Come and Go- A Man with a Video Projector


    March. 2016,@VIDEOFORMES,Clermont-Ferrand, France, [Videoformes web site ]





    V-climbing High Lines


    Nov. 2015@Shibuya, Tokyo, organized by IAFT






    Come and Go in Surabaya


    Aug.2015@Surabaya, Indonesia





Dream and Light Toy@Rapport Yokohama/ ラポール横浜「夢と光のおもちゃ展」



Popping Town ポッピング・タウン

    popping
    《Popping Town》 2011, open air video installation
    A video installation piece on the facade of apartment house, pinball's images are bumping to outdoor equipment or air ducts and are falling out. This piece is installed as an outdoor projection that was collaborated with inhabitants in Hatsune wing area, and took a part in "KoganechoBazaar 2011".
    《ポッピング・タウン》 2011 屋外投影
    黄金町バザールの一角、初音町のアパートの表面に、ピンボールが室外機や空調ダクトにぶつ かり、跳ねながら落下してゆく。 地元住人との協議を重ねて作成した屋外ヴィデオ作品。 黄金町バザール2011参加作品


    《Invitation》2010/2011 multi channel video installation  《Invitation》(later retitled as《Invitation2》)is presented Koganecho Bazaar in Yokohoma, as a public projection piece. Life size dancers come upon on image are projected on the column or ceiling under train bridge of Keiyu Line.  collaboration: Maiko Date(contemporary dancer) Naoya Ooe
    《インヴィテーション》2010/2011
    マルチチャンネル・ビデオインスタレーション京急線高架下にある階段広場に設置された屋外ビデオインスタレー ション。橋脚などに実物大のダンサーの映像が 映し出され、夜の街を彩る。観客は平面でも立体でもない2.5次元の舞台演出を楽しむ。

    協力:伊達 麻衣子(コンテンポラリーダンサー)/ 大江 直哉

    invitation2a

    invitation2b



open air

    Video Art Promenade in ASAGAYA/ “Wall to Wall”

    Hunt for the video art hidden in the city light! Overview of the project: This art project let audience to seek and observe the works located in the various parts of the city. A word, 'Promenade' is originated in France, means taking a nice long walk. Audience searche for an art work with a map that’s provided for them. Without worrying about the “rules” of the art , they are able to enjoy the work fully with their own moment and the space. Rather than having art show in ordinary indoor spaces, such as theater or the museum, we are setting up a stage in the several places in urban city (Wall to Wall) to invite audiences into unexpected encounter with the work of imagery= video art.

    date: 20(fri.)-22(sun.)Feb. + 27(fri.)Feb.-1(sun.)Mar. 2015 17:30-20:30
    venue: several places around Asagaya sta. and TAV Gallery
    organized by VIDEOART CENTER Tokyo, directed by Kentaro Taki

    videoartpromenadeinAsagaya2015 (1).jpg videoartpromenadeinAsagaya2015 (2).jpg videoartpromenadeinAsagaya2015 (3).jpg videoartpromenadeinAsagaya2015
                        (9).jpgのサムネール画像 videoartpromenadeinAsagaya2015 (4).jpg videoartpromenadeinAsagaya2015 (5).jpg

    videoartpromenadeinAsagaya2015 (6).jpg videoartpromenadeinAsagaya2015 (7).jpg videoartpromenadeinAsagaya2015 (8).jpg

"Follow Up" ! -旧東横線桜木町駅舎 創造空間9001 ファイナルイベント-》


    アートスペースとして利用されていた旧桜木町駅舎『創造空間9001』とその奥の旧駅舎を利用した映像 とイ ンス タ レー ション展示。
    2010. 03. 05[Fri] - 14[Sun]

    [共同企画] 岸健太(建築家/LWL・CDN代表)

    みなとみらい線の開業に伴い閉鎖された東急東横線の桜木町駅舎は、2007年よりアー­トスペース『創 造空 間 9001』 として利用されてきました。暫定的な文化拠点として、­アーティストやクリエーター、市民の活動を支援し、また情報を発 信してきたこのスペー­スは、オープンから3年目となる今年3月をもち閉館します。スペース奥の壁面の 向こ う­ 側に は、 今も東横線時代の改札口や地上階とプラットフォーム階を結ぶ階段が残されてい­ます。  この『創造空間9001』の最終イベントとなる本展ではこの旧駅舎を利用した映像とイ­ンスタレーション 展示をおこないま した。今はもう存在しない列車 を想像で追い求める「­Follow」、かつてのプラットフォームへと昇る「Up」、そして場を見届ける、経­緯を辿 る、関心を持ち続けることを意味する「Follow up」としての最終イベントです。


Being Image

    kyozo1
    寒川晶子《虚像になるとき》 2009, コンサート/インスタレーション
    寒川晶子のソロリサイタル《虚像になるとき》において、玩具のピアノにピアニストの映像を映しだして、ミニチュ アの中で演奏しているような装置を設置した。
    ピアノ:寒川晶子 ヴィデオ・インスタレーション:瀧 健太郎、楽曲委嘱:渡辺祐紀子
    トーキョーワンダーサイト EXPERIMENT SOUND&ART FESTIVAL 最優秀賞受賞 

    "Beeing Image" by Akiko Samukawa, 2009 concert/installation  Video installation for Akiko Samukawa's piano concert "Beeing image".
    held in Jan. 2009 won a prize of best winner of "EXPERIMENTAL SOUND & ART FESTIVAL" at Tokyo Wonder Site.  
    pianist Akiko Samukawa, composer Yukiko Watanabe 2009, at Tokyo Wondersite Hongo, Japan kyozo2kyozo3

Anemic Disk

    anemic 《Anemic Disk》2007 video installation
    A turning gramophone record disc is shot by video camera, and the image is video projected on to another turn table. The represented one is changed the speed, reverse turning and stopping. By turning movement, this shows the matter of the difference between actual image and illusion. Collaboration with Rhizome TV(Naoya Ooe, Ryuji Ohtsuki, Taishi Kudo)

    《アネミック・ディスク》 2007 / ヴィデオ・インスタレーション
    回転する音楽レコードがカメラに写し撮られ、その映像は効果が施され別のターンテーブルに投影される。 映像として映し出されたレコード盤は、変速、逆回転、静止する。実像と虚像が回転運動を巡って提示される。 Rhizome TV(大江直哉、大槻竜二、工藤泰士)との共同制作。 "Freeze/ Sound&Vision展"横浜創造界隈ZAIM(2007)での展示